نادي الإتحاد الحلبي السوري

 
كُتب : [ 11-02-2014 - 04:48 ]
 رقم المشاركة : ( 9 )
حلب الشهباء
إدارة المنتدى
الصورة الرمزية حلب الشهباء
رقم العضوية : 5
تاريخ التسجيل : Sep 2007
مكان الإقامة : حلب
عدد المشاركات : 45,894
قوة التقييم : حلب الشهباء قام بتعطيل التقييم

حلب الشهباء غير متواجد حالياً

   

رد: من هو محمد رسول الله

第一:

谁是穆罕默德(祈主福安之 )?你亲自判断。
他是穆罕默德·本·阿布杜拉·本·阿布杜勒盟台利部·本·哈希姆。
他出生于公元570年,归真于公元633年 。
本文内容是依据可靠地{的}书籍、手稿和文献,还有从已经证明那些情况的人。(那里流传下来的传述。)有据 可考的文献可谓汗牛充栋,这里我们也就不一一累{赘}述了,这些文献历经数载而被原原本本的保留下来,从未 被穆斯林或非穆斯林篡改过。
最近,许多人问道:穆罕默德(祈主福安之 )究竟是何人?他当初在宣传什么?为什么他得到那么多人的爱戴?还而{然而}另一部分人对他却不屑一顾?他 把自己致力于宣教吗?他是一位神圣的人吗?他是真主派遣的使者吗?他究竟是什么样的人?你可以 自己做判断!
以下几点中说明成千上万人叙述的事实,有的是同时代跟穆罕默德(祈主福安之)生活并亲自认识。 (有的是跟穆 罕默德同时代并相识的)。
· 他的世系归于麦加的主人及最古老的部落。
· 他的名字是穆罕默德,是由词根“哈马德” " حَمْدْ "派生而来。众人从那时起到这一刻(直到真主继承大地和大地上所有的一切)都在夜以继日,频繁地称颂他(祈 主福安之)。
· 他从未沿袭过部落的习俗,即没有崇拜他们亲手所捏造的偶像或神。
· 他确信所应崇拜的是唯一的神,只能崇拜这一神,绝无伙伴。
· 他非常敬仰并尊重安拉的名字,从未愚弄或嘲笑并没有以其为任何目的和利益。
· 他鄙视错误的崇拜及所有缘于此的堕落的行为和交易。
· 致力于执行所有的宗教教义,“独一安拉的教义”,像他之前的先知做的那样。
· 从未通奸并劝告其他人不要犯下此类可耻的行径。
· 他禁止利息,犹如贵圣尔萨几个世纪前做的一样。
· 他没有赌博,决不允许这种行为。
· 没有喝酒,虽然喝酒是当时蒙昧时代普遍的习惯。
· 他没有诋毁过他人并远离流言蜚语、搬弄是非 。
· 他经常斋戒来求得伟大真主的喜悦,避开周围的欲望蛊惑。
· 他说麦尔彦之子尔撒(愿主赐福之,并使其平安)在创造物中是真主的一个奇迹,及他纯洁的母亲是真主创造物的 最好的之一。
· 穆罕默德(祈主福安之)甚至对麦加城的犹太人确定尔撒(耶稣)(愿主赐福之,并使其平安)就是当时《圣经》 中所提到的麦西哈(耶稣)。
· 他说尔撒(耶稣)(愿主赐福之,并使其平安)所施的奇迹(能医治天然盲、大麻疯,又能使死者复活)均是来自 于造物主。
· 他明确宣布尔撒(耶稣)(愿主赐福之,并使其平安)没有被害,是安拉将他提升到了天际。
· 安拉启示穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)尔萨在末日将返回率领信士们战胜迷误之人,铲除恶 魔。
· 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)命令给穷人施舍。他是寡妇、孤儿和旅客的保护者和捍卫者。
· 他命令团聚家庭并神圣家庭纽带和恢复家庭成员之间的关系。
· 他促进他的追随者通过合法婚姻跟妇女有联系,并禁止通奸。
· 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)强调给予属于妇女们的权利,包括聘金、财产继承和生活费用 ....
· 他的一切耐心、谦逊的崇高品行都使所有认识他的人承认他的好品德,那是人类中前所未有的。
a- 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)从未撒过谎,从未背弃盟约并没有做过虚假见证。麦加所有的部落认识他, 他以诚实与忠诚而著称。
b- 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)从未通奸。他没有过婚姻以外的关系;他没有接受这种恶行为,虽然它是那 时普遍的习惯。
c- 他没有跟任何妇女除了在合法婚姻框架内及存在证人和法律范围之外有任何联系。
d- 他跟阿依莎·宾图·艾布白克尔(愿主喜悦她)的关系是合法结婚。我们通过阿依莎·宾图·艾布白克尔所叙述的 圣训知道他们俩的结婚详细情况,是一个男人和一个女人之间的最崇高的关系,充满爱心和尊重。阿依莎·宾图· 艾布白克尔(愿主喜悦她)是圣训传述最好的人。她只是穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)的妻子,跟任何人 没有什么关系。她对穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)从未表示过任何消极的态度。
e- 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)禁止杀害,直到以安拉的法则做出明确判定。安拉的教义在这 方面 :允许向伤害穆斯林大众以及同伊斯兰作战者斗争,但是要遵守伟大真主在这方面所明确的法度。
f- 禁止杀害无辜人。
g- 对于犹太人从来没有进行任何种族灭绝,甚至他们几次撕毁他们跟穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)达成的盟 约,之后要求先知原谅并保障安全。安拉的使者只有在明断他们背叛或意欲攻击使者和信士时才反击。抵罪律—— 直到真主和使者证明了他们的背叛才执行。
h- 当时个个部落都著名于拥有奴隶和仆人。伊斯兰教到来,命令释放脖子。安拉的使者已经释放许多脖子(奴隶)并 命令他的追随者都要这样做。他(愿主赐福之,并使其平安)甚至释放了他的佣人:宰德·本·哈热洒并将他认为 义子;艾布白克尔购买belal alhabshi——伊斯兰教史上是第一个宣礼员,只是为了释放他。
i- 对于那些试图伤害并杀害先知(最有名的事件是:当安拉的使者跟艾布白克尔离开麦加的夜晚,阿里•本•艾贝• 塔利巴夜宿圣床)。先知没有命令任何人惩罚那些参与这些行为的。最大的证据是当先知和他的追随者胜利进入麦 加,第一个命令是他的追随者不要伤害以前伤害他(愿主赐福之,并使其平安)和他的兄弟的人的任何人。这是我 们使者(愿主赐福之,并使其平安)生平中宽容和谅解的见证之一。
j- 传教的首先十三年内不允许穆斯林斗争。这件事跟他们斗争能力没什么关系,因为他们生活的性质及部落之间的长 期争端,让他们在战斗有丰富经验。而是安拉的斗争命令还没有降下。伟大真主制定战争同时也制定所引起的权利 和义务,说明真主战争上的法度。关于战争这一问题以及什么时候、如何要抗对谁、不会超过的限制等等,安拉的 命令明明白白。
k- 伊斯兰教完全禁止破坏基础设施,只有安拉按照一定的情况命令。
l- 虽然伊斯兰的敌人用各种方式寻求伤害并侮辱安拉的使者,使者(愿主赐福之,并使其平安)祈祷安拉引导他们。 最好的证明,就是在他到达altaef的旅行。安拉的使者受到严重伤害,从部落长老拒绝他开始直到儿童用石 块打他,以致他的两圣腿流血。当吉布拉依赖(愿主赐福之,并使其平安)降下要报复伊斯兰教的敌人并要命令山 的天使翻山在他们头上,但是他拒绝了。安拉的使者(愿主赐福之,并使其平安)要求的只是传达真主的使命,他 没有顾及自己及所遭受的损失。
m- 《圣训》中曾记载穆圣(愿主赐福之,并使其平安)的一席话:“每个婴儿都出生于真主所创造的天性之中,然后 他的父母使他成为犹太教徒,或基督教徒,或拜火教徒。”
意义是完全服从安拉并随着他的命令。只是他的社会环境和他所受的教育影响他使他的天真变化。
n- 使者通知他的兄弟和所有的穆斯林只崇拜安拉,就是阿丹、努哈、伊布拉欣、叶尔孤白、穆萨、达吾德、素莱曼和 尔撒(愿主赐福之,并使其平安他们A

رد مع اقتباس

نادي الإتحاد الحلبي السوري

 
كُتب : [ 11-02-2014 - 04:49 ]
 رقم المشاركة : ( 10 )
حلب الشهباء
إدارة المنتدى
الصورة الرمزية حلب الشهباء
رقم العضوية : 5
تاريخ التسجيل : Sep 2007
مكان الإقامة : حلب
عدد المشاركات : 45,894
قوة التقييم : حلب الشهباء قام بتعطيل التقييم

حلب الشهباء غير متواجد حالياً

   

رد: من هو محمد رسول الله

筆者:ユスフ エステスー元キリスト教宣教師

アブド アル モタレッブの息子のアブドッラーの息子のムハンマド(彼にアッラーの平安と祝福あれ)西暦5 70年ー633年



この記事の全ての情報は承認された書籍、筆跡、テキストまたは出来事に実際に立ち会った者に伝えられました 。参考文献は多さのあまりここに述べる余裕はありませんが、それらの参考文献は時代を通じてムスリムとムス リムではない者によって偽造されずに保存されました。



現今、多くの人々は使途ムハンマド(彼ににアッラーの平安と祝福あれ)について好奇心を抱いています。彼は 何を説いていたのか。どうして好きな人と好きじゃない人がいるのか。彼はアッラーへの導きのために自分の生 涯を費やしたのか、聖人だったのか。神様の使途だったのか。その男性の真実は何でしょう。自分で判断してみ てください。



次に数千人が語った事実を述べます。その人々のうちムハンマドを個人的に知っていた物もいます 。



:メッカの最も偉大な部族の子孫です

:ムハンマドは「ハムド」という一つの語源からとられた名前で、ムハンマドが生きていた時代から今でも彼の ためのアッラーの平安と祝福があるように祈っています。

:部族の習慣としての偶像崇拝をいっさいしませんでした。

:崇拝すべき神は唯一の神だと信じていました。

:アッラーの名前を尊敬し、決して皮肉やからかいもせず、不利益な目的のために使ったことがあり ません。

:間違った崇拝とそれに基付いた全ての下品な行為を嫌いました。

:前の預言者たちと同じように唯一の神の教えを真髄に受け止め順応しました。

:姦通を一度もしたことなく、姦通を避けるように他人を忠告しました

:数世紀前のキリストがしたように高利貸しを禁止しました。

:バクチをしたこともなく、それを許しませんでした。

:飲酒は習慣だったが、彼は飲酒したことはありませんでした。

:陰口をたたくことなく、噂話、悪口を聞かないようにしていました。



:アッラーに近付くためによく断食をし、欲望を避けました。

:キリストはアッラーの奇跡であり、母親のマリアはアッラーが創造した最良の者のうちの一人だと述べました 。

:聖典におけるメシアはイエス(キリスト)であることを強調しました。

:イエスが待っていた奇跡的な能力(病の治療:死者をよみがえらせること)はアッラーからのものであると主 張しました。

:イエスキリストは死ななかった。アッラーは天に召されたということをはっきり声明しました。

:預言者ムハンマドはアッラーの啓示を受け、メシアは週末時に地に戻り、信者たちを勝利に導き、反キリスト を殺すという話をしました。

:ムハンマドは貧乏な人に寄付するように指示した上で、未亡人:孤児:旅人の保護者と防御者でし た。

:家族のメンバーを団結させ、家族的関係に特別な敬意を与えました。

:信者たちに女性と結びつきは結婚であり、姦通を避けるように教えました。

:ムハンマド(彼にアッラーの平安と祝福あれ)は女性に全ての権利(新婦の持参金:遺産:金銭など)を与え るように強調しました。



彼の忍耐力:謙遜などの優れた態度を通じて、彼を知った全ての人々は人間には見いだせないような優れた道徳 に感動しました。



1)ムハンマドは決して嘘をつかず、約束を破りませんでした。メッカの全ての部族の間で正直者、心理を言う 者として有名だったのです。

2)彼は全く姦通せず、そのような関係が普及していたのに彼は結婚以外の関係は持ちませんでした。

3)結婚以外の関係で女性と結び付けられたことはありません。

4)われわれは預言者ムハンマドのアーイシャとの関係は、アーイシャがおっしゃったハディースから分かりま した。それは男女の間にあり得る尊敬と愛に満ちた最高の関係でした。そしてアーイシャはハディースの最高の ナレーターの一人でした。アーイシャは預言者ムハンマドの他の男性と全く関係がありませんでした。そしてア ーイシャは預言者ムハンマドについての批判を一度もしたことはありません。

5)預言者ムハンマドはアッラーの教えを尋ねるまで殺人を禁止しました。そのことについてのアッラーの教え は次の通りです。ムスリム(イスラーム教徒)を殺し、またはイスラームを害しようを思ってイスラームと戦う 者を殺してもいいとされます。

6)罪のない魂を殺してはいけません。

7)ユダヤ人の大領虐殺は全くありませんでした。たとえユダヤ人が預言者ムハンマドとの約束を何回やぶって も、預言者ムハンマドは彼らがアッラーに許されるようにお祈りしました。預言者ムハンマドはユダヤ人との衝 突したのは、彼らが、自分を裏切ったことを確認してからでした。裏切りを証明された者しか罰せられませんで した。

8)あの時代の部族は僕を持っていたことで有名だったのだが、イスラームは僕の解放を命令しました。預言者 ムハンマドは数多い僕を解放し、信者たちもそうするように命令しました。自分の息子と同じように扱っていた 使用人ザイド ビン ハ-レサも解放しました。アブ バクルはベラール アル ハバシッユ(イスラームの最初のムアゼヌ)を解放する ためだけに買いました。

9)預言者ムハンマドは自分を殺そうとしていた者を罰するように命令しませんでした。(最も有名な出来事は 、預言者ムハンマドがアブ バクルとメディ-ナに移住に出たとき、アリーが預言者のベットで寝たという出来事)預言者ムハンマドがメッカの征服後、自分 にも障害を与えた者を害しないように命令しました。これは預言者の恩赦の例となります

10)アッラーの教えを説いていた最初の13年の間にムスリムに戦いを許しませんでした。これは戦う能力が なかったからではありません。その時代の人々は周りの部族との長い戦いがあったため、みんなが戦争になれて いました。しかしアッラーの命令はまだなかったからです。アッラーが戦争を許したとき、戦争に伴う権利と義 務も規定されました。アッラーの誰が:どうやって いつ どの程度まで戦うかという命令は明白 でした。



11)イスラームは下部構造を、アッラーが特定な状況によって命令されなければ、全く崩さない。



12)イスラームの敵があらゆる手段で預言者ムハンマドに危害を加えようとしていたとき、預言者ムハンマド は彼らのためにアッラーに導かれるようにお祈りしていました。これの最良の例はターエフの旅です。部族の長 老が会ってくれなかったことを発端に、殴打され、子供たちに石で投げられ、足が出血してしまいました。ジブ リール(天使)は預言者の為の復讐に天から舞い降りて、山々の天使に彼らの山をあの人たちの上に崩すように 命令しようとしたところ、預言者はそのことを断り、彼らがアッラーに導かれるようにお祈りし、「その中から アッラーを信じる者が出るだろう」と言いました。



13)預言者ムハンマドは乳児の中に正しいあり方がある(それはイスラームであり、イスラームはアッラーに 完全に服し、アッラーの命令に従うという意味)が、周りの社会や影響や育て方のせいでその中の正しいあり方 が変わると言いました。



14)預言者ムハンマドは信者たちをノア アダム アブラハム モーセ ヤコブ ダビデ ソロモン イエス の唯一の神を崇拝するように指示しました。それらの預言者をみんな信じ、差別なく尊敬するように教えました 。



15)旧約聖書 新約聖書はクルアーンの同じ源、つまりアッラーからのものであると強調しました。



16)未来の様々な出来事を、アッラーの啓示によって、予言しました。それらの出来事は彼が予言したとおり になりました。



17)クルアーンにおけるファラオの溺死の話には「だが今日は、われは後のものへの印とするため、あなたの 体を救うのであろう」とあります。フランスの学者モリス ボカイは「聖書とクルアーンと科学」で世界を驚か した事実を発表。かれはファラオの死体を審査したとき、塩の残りを見つけました。これはアッラーがクルアー ンで1400年前に陳述したことに一致しているのです。



18)ファラオの溺死は預言者ムハンマドが使途になる数千年前ですが、クルアーンの述べられ、1400年後 科学において証明されました。預言者ムハンマドはそれが唯一の神の啓示ではなかったら、どうやって知ったの でしょうか。



預言者ムハンマドについては数多くの記事などが書かれ、世紀を超えてムスリムではない筆者にも評価されまし た。



ここで述べる最初の例はブリタニカ大百科事典から引用したものです。

「色々な予備的証拠はムハンマド(彼にアッラーの平安と祝福あれ)は正直な者に信頼された誠実な者だったこ とを証明します」(第12巻)



そしてマイケル ハートは「人類史上に最も影響力のあった100人」で預言者ムハンマドを第一位におきます 。イエスは第三位です。



筆者の多くはムハンマドを第一位にしたことを疑いますが、ムハンマドは、宗教的のみならう、世俗的な面でも 類まれな成功者であったことをしてきしています。(1)



ムスリムではない有名な読者の言葉を引用する際、ラーマーターンの言葉を示さなければなりません。「預言者 ムハンマドは哲学者でもあり、演説者でもあり、武士でもあり、正しい信仰の復興者でもあります。偶像を信じ ない宗教を説き、同じ精神的帝国に属する20帝国の創始者であり、男性の偉大さの全ての基準を考慮すれば、 ムハンマドより偉大な人物はいるのでしょうか」(2)





有名な作者のジョージ バーナード(非ムスリム)は「ムハンマドに人類の救助者という称号を与えなければな りません。現代にムハンマドのような人間がいたら世界の全ての問題を必要な幸福と平和をもたらすやり方で解 決できたに相違ありません」と発言。(3)



ヒンドゥー教のインドの哲学教授K.S.ラマークリシナ ラオはムハンマドに人間の典型的パターンと称して 、それを次のように説明しています。「ムハンマドの性格の完全な真理を理解しがたいのです。私はそれのほん のわずかの面しか理解できなかった。預言者ムハンマド、商人のムハンマド、政治家のムハンマド、孤児の後援 者のムハンマド、女性を自由にしたムハンマド、裁判者のムハンマド、僕の後援者のムハンマド、聖職人のムハ ンマド、それらの全ての役割にはムハンマドは英雄だったのです。」



ガンディーは「若いインド」でムハンマドについて「現代数万人の心を支配している者にいったい誰が勝るので しょうか。イスラームの強さは刀によるものではなく、ムハンマドの絶対的寛容のために広がったと信じるよう になりました。ムハンマドは約束を守り、友人に対して誠実、アッラーとアッラーの教えを絶対的に信じていた 。ムハンマドの伝記の第二巻を読み終わった時、彼についてもう読むものはないことに悲しく感じました。」と 言っています。



「英雄たちと勇気さ」でトマス カーライルは「どうやってたった一人の人間が争い合う部族や遊牧の民を最強 そして当時の最も文明化された社会に変えられたのか」と疑問を表しています。



「東の預言者」でディワーン シャンド シャルマは「ムハンマドは慈悲深い魂で、周りにいた人々への影響は 忘れられないものです」と述べています。(4)



ムハンマド(彼に平安と祝福あれ)は人間に過ぎませんでした。だが、彼は優れたメッセージを持っていた者で した。それは人間を唯一の神に崇拝に団結させることです。そして彼らをアッラーの命令に基つく良い生活に導 くことです。自分を「アッラーの僕と使途」で描写した事は彼の全行為をよく表すものです。



イスラームにおける平等について話すときは、インドの有名な詩人のサルジニ 二ヤドは「民主主義を奨励した 最初の宗教はイスラームである。ムスリムが礼拝のためにモスクで集まったとき、イスラームの民主主義は5回 現れる。それは王国も庶民と同時にひざまsずき、アッラーの偉大さに祈ることに示されている。人間を全て兄 弟とするイスラームの一括的な強さにおどろいた」と言いました。(5)



ホーワ グルングは「イスラームの使途が創始した国民の徒党は完全な基礎に基ずく世界的結合 人間関係を築 き、そのほかの国民の道を照らすリョウ濁になる。国民が結合に達するためにイスラームより努力した存在はな い」と主張しました。



「アラブの帝国」ではエドワード ジボンとサイモン オクリーは「アッラーの他に崇拝する神はなく、ムハン マドはアッラーの使途である。人をイスラムに入信するための簡単な生命である。ムハンマドは人間に過ぎず、 そしてイスラームの教えは人間のできることに限られている」という意見を出しています。(6)

رد مع اقتباس

نادي الإتحاد الحلبي السوري

 
كُتب : [ 11-02-2014 - 04:51 ]
 رقم المشاركة : ( 11 )
حلب الشهباء
إدارة المنتدى
الصورة الرمزية حلب الشهباء
رقم العضوية : 5
تاريخ التسجيل : Sep 2007
مكان الإقامة : حلب
عدد المشاركات : 45,894
قوة التقييم : حلب الشهباء قام بتعطيل التقييم

حلب الشهباء غير متواجد حالياً

   

رد: من هو محمد رسول الله

당신 스스로 판단하라
유숩 에스테스 (전 기독교 설교자)

무함마드 이븐 압둘라 이븐 압둘 뭇딸립
(서기 570 년 출생; 서기 633년 사망)



다음 글은 무슬림과 비무슬림에 의해 수세기에 걸쳐 원본 형태로 보존되어온 책, 글, 실제 목격담 등 수많은 자료에 근거한다.

오늘날 많은 사람들은 선지자 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)에 관하여 이야기한다. 그는 과연 누구인가? 그는 무엇을 가르쳤는가? 왜 그는 일부의 사람들로부터 크나큰 사랑을 받았으며 다른 일부의 사람들로부터는 증오를 받았는가? 그는 성인 이였는가? 그는 하나님의 선지자였는가? 이 사람에 관한 진실은 무엇인가? 당신이 스스로 판단해 보자.


수천 명의 사람들이 전하는 사실들은 다음과 같다. 이들 중 많은 이가 그를 개인적으로 아는 사람들이었다.

§ 그는 메카의 지도자들의 혈통을 지닌 귀족 가에서 태어났다.

§ 그의 이름은 “칭찬(칭송)받는 자”를 뜻하는 아랍어 어원 “함드”에 근원 한다. 그 당시 그리고 바로 이 순간까지도 사람들은 그를 수없이 많이 칭송한다. 그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를.

§ 그는 결코 조각상이나 우상 또는 인간에 의해 만들어진 신들을 숭배하는 그의 부족의 일반적 관행에 빠지지 않았다.

§ 그는 신(하나님)은 진정으로 유일하시며 따라서 그분은 그분께 대등한 자를 두지 않고 홀로 숭배 받으셔야 할 존재임을 믿었다.

§ 그는 하나님의 이름을 가장 높은 숭배의 위치에 두었으며 결코 하나님의 이름을 헛된 영예의 수단으로 이용하지 않았다.

§ 그는 그릇된 숭배와 그 그릇된 숭배가 낳는 모든 복잡함과 비하를 경멸하였다.

§ 그는 이전의 선지자 분들이 그러했듯 전능하신 하나님의 명령에 충실하였다.

§ 그는 결코 간음을 저지르지 않았으며 다른 이들에게 간음을 삼가도록 하였다.

§ 그는 그의 수세기 전에 예수(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)께서 그러했듯 고리대와 이자를 취하는 행위를 금하였다.

§ 그는 절대 도박을 하지 않았으며 도박을 허락하지 않았다.

§ 그는 음주가 그 당시 그곳에서 널리 퍼져있었음에도 불구하고 절대 술을 마시지 않았다.

§ 그는 험담에 가담하지 않았으며 험담과 연관된 어떠한 행위에도 멀리하였다.

§ 그는 한번 전능하신 하나님께 가까이 가고자 여러 날 동안 단식을 하였으며 세속적 유혹의 편협함으로부터 멀리하였다.

§ 그는 예수(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)는 고결하게 잉태되어 마리아로부터 기적적으로 탄생하였으며 마리아는 전능하신 하나님의 최고의 창조물 가운데 한 명이었음을 가르쳤다.

§ 그는 심지어 메디나의 유대인들에게도 예수(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)는 구약에서 앞으로 출현할 것으로 언급된 메시아 그리스도였음을 강조했다.

§ 그는 예수(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)가 하나님의 허락으로 나병환자를 치료하였으며 장님의 눈을 고쳤고 죽은 자를 살리는 등 많은 기적들을 행하였다고 말했다.

§ 그는 예수(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)는 죽지 않았으며 하나님께서 그를 승천시키셨다고 분명히 언급했다.

§ 그는 예수(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)가 종말의 날이 가까올 때 다시 내려올 것이며 믿는 자들을 이끌고서 사악하고 그릇된 자들에게 승리를 거둘 것이며 적그리스도를 쳐부술 것임을 예언했다.

§ 그는 가난한 이들에게 자선을 행할 것을 명하였으며 미망인과 고아 그리고 여행자들의 수호자이자 보호자였다.

§ 그는 가족의 울타리 안에 융합하고 친족과의 유대 관계를 영예롭게 하며 가족 구성원들 사이의 관계를 회복할 것을 명하였다.

§ 그는 그의 추종자들로 하여금 오직 허락된 결혼의 테두리 안에서만 여성을 취하며 전능하신 하나님의 법령을 벗어난 성관계를 금하였다.

§ 그는 여성들에게 그들의 정당한 권리, 지참금, 상속, 그리고 재산을 줄 것을 강조하였다.

§ 그의 인내와 겸손은 본보기가 되었으며 그를 알았던 모든 이들은 이러한 미덕들을 인정해야만 했다.


a. 그는 결코 거짓말을 하거나 신뢰를 저버리거나 거짓 증언을 하지 않았다. 그는 메카의 모든 부족들에게 유명하였으며 “믿을만한 자” (알-아민) 으로 알려졌었다.

b. 그는 결코 결혼의 울타리 밖에서 성관계를 갖지 않았으며 심지어 당시에는 간음이 널리 퍼져 있었음에도 불구하고 절대 간음을 인정하지 않았다.

c. 그의 여성과의 관계는 모두 법에 따라 적절한 증인 하에 맺어진 적법한 결혼의 울타리 안에서 행해졌다.

d. 그의 아이샤와의 관계는 그러한 적법한 결혼 하에서였다. 그들 관계의 모든 세세한 부분은 진실로 하늘에서 맺어진 결합처럼 아이샤 본인에 의해 가장 사랑스럽고 존경스러운 방식으로 묘사되었다.

e. 그는 하나님으로부터의 명령이 있을 때까지 살인을 금지하였다. 심지어 그때에도 살인의 한도는 분명히 명시되었었으며 오직 무슬림과 이슬람에 대항하여 싸우는 자들과만 맞서 싸우도록 되어 있었다. 그리고 심지어 그때에도 오직 하나님의 엄격한 법령에 따라서였다.

f. 무고한 생명에 대한 그 어떠한 살인도 금지되었다.

g. 유대인들에 대한 그 어떤 학살도 없었다. 그는 유대인들이 수 차례에 걸쳐 약속을 어겼음에도 불구하고 상호 보호와 용서를 제안하였다. 그들이 전쟁 기간 동안 반역을 저지르고 선지자(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)와 무슬림들을 온 힘들 다해 패배시키려 했다는 사실이 완벽히 입증되었을 때까지 그들은 공격 당하지 않았다. 보복은 오직 반역을 저질은 유대인에 국한되었다.

h. 당시에는 모든 국가와 부족들에서 노예제는 일반적이었다. 노예 해방을 장려하고 노예를 해방한 자들에 대한 하나님의 커다란 보상을 약속한 것은 이슬람에서였다. 선지자(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)는 스스로 노예들을 해방시키고 그의 모든 추종자들에게 동일하게 행하도록 권장함으로써 본보기를 보였다. 그의 노예(실제로는 그에게 자식처럼 간주되었음)인 자이드 이븐 알 하리싸 와 해방을 목적으로 아부 바크르가 데려온 빌랄 이 그 예들에 속한다.

i. 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)에 대한 수많은 살해 시도가 있었던 동안에도 (가장 유명한 사건은 알리로 하여금 그의 자리를 대신케 하고 아부 바크르와 함께 메디나로 피난했던 날 밤) 그는 그의 동료들에게 이 살해 시도에 연관되었던 그 어떤 이들에 대한 살해도 허용하지 않았다. 이에 대한 증거는 무슬림들이 승리하여 메카에 입성하던 때로써 그의 첫마디는 그의 추종자들로 하여금 그 어떤 부족이나 가족도 해하지 말도록 명령하는 것이었다. 이것은 그의 용서와 겸손함에 대한 가장 유명한 예들 중 하나이다.

j. 계시를 받은 첫 13년 동안 군사적 전투가 금지되었었다. 사막의 아랍인들은 누군가로부터 싸우는 법과 전투하는 법을 배울 필요가 없었다. 그들은 이 분야에서 전문가들이었으며 수십 년간 부족간 불화를 지속하였었다. 적절한 전투의 방식과 권리 그리고 제약들이 하나님에 의해 꾸란에 입법화될 때까지 어떠한 보복과 전투도 제재되지 않았다. 하나님으로부터의 법령들은 누가 공격을 당하고 어떻게 언제 그리고 어느 정도까지 전투가 행해질 수 있는지를 명확하게 하였다.

k. 특별한 경우에 한해 하나님께서 명령하신 경우를 제외하고는 사회 기반 시설에 대한 파괴는 절대적으로 금지되었다.

l. 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)를 저주한 자들에게 그는 오히려 그들을 올바른 길로 들게끔 기도하였다. 전형적은 예는 그가 따이프로 여행했을 때였다. 그곳의 지도자들은 그를 들으려 하지도 않았고 일상적인 예의조차 보이지 않았다. 오히려 그들은 어린이들로 하여금 그에게 돌을 던지도록 하여 그의 몸에서는 피가 너무 많이 흘러 피가 신발을 적실 정도였다. 그는 천사 가브리엘에 의해 보복을 제안 받았다. 그가 원하기만 하면 하나님께서는 주위의 산들을 무너뜨려 그들을 말살시키실 수 있었다. 하지만 그는 그들을 저주하거나 말살을 요구하는 대신 그들이 동반자를 두지 않고 오직 하나님 한 분 만을 숭배토록 하나님께 기도하였다.

m. 선지자 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)는 태어난 모든 인간은 이슬람(하나님으로의 복종)의 상태로 무슬림(무-이슬람; “이슬람을 행하는 자”, 즉 하나님의 의지에 복종하고 그분의 명령에 복종하는 자)으로서 태어난다고 주장하였다. 그들이 성장함에 따라 그들은 지배적인 사회의 영향과 그들 스스로의 편견에 따라 그들의 신앙을 왜곡하기 시작한다.

n. 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)는 그의 추종자들로 하여금 아담, 노아, 아브라함, 야곱, 모세, 다윗, 솔로몬, 그리고 예수(그들 모두에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)의 신 하나님을 믿고 그들은 전능하신 하나님의 진정한 선지자이자 사도 그리고 종복이었음을 믿도록 가르쳤다. 그는 모든 선지자들을 차별 없이 최고의 위치에 둘 것을 강조하였다.

o. 그는 또한 토라(구약), 자부르(시편), 그리고 인질(복음서 또는 신약) 모두 꾸란과 동일한 근원을 지닌 하나님으로부터의 계시임을 가르쳤다.

p. 그는 앞으로 닥칠 사건들을 예언하였으며 그 사건들은 그가 예언한 데로 실현되었다. 그는 심지어 미래에 실현될 과거의 어떤 것을 예언하였으며 그것은 실현되었다.

q. 꾸란에 파라오가 모세를 뒤쫓던 도중 홍해에서 익사하였으며 하나님께서는 파라오를 미래를 위한 예증으로써 보호하실 것임이 언급된다. 마우리스 부카일레 박사는 “성경, 꾸란 그리고 과학” 이라는 그의 저서에서 이것은 실제로 발생하였으며 바로 그 파라오가 이집트에서 발견되어 현재 모든 이가 볼 수 있도록 전시되고 있음을 분명히 했다.

r. 이 사건은 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를) 시대 수천 년 이전에 발생하였으며 그가 죽은 이후 수세기가 지나 최근 수십 년 전에 실현되었다.



지상에서 다른 어떤 누구보다도 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)에 관한 글들이 더 많이 쓰여져 왔다. 그는 수세기 동안 심지어 유명한 비무슬림들에 의해 찬양되어 왔다. 첫 번째 예는 백과사전 britannica 에서 무함마드에 대해 다음과 같이 확증한다. “초기 수많은 상세한 자료에 의하면 그는 정직하고 강직한 남자였으며 다른 정직하고 강직한 많은 이들의 존경과 충성심을 샀었다.” (제 12 권).


또 다른 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)에 대한 인상적인 찬사는 마이클 h. 하트의 매우 잘 쓰여진 책 “역사상 가장 영향력 있는 100인의 순위” 이다. 그는 역사상 가장 영향력 있는 사람은 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를) 였으며 예수는 3위에 위치했다. 그는 다음과 같이 말하였다: “무함마드를 세상의 가장 영향력 있는 사람들 중 선두에 위치시킨 것이 일부의 독자들을 놀라게 하고 일부의 독자들은 이의를 제기할지도 모른다. 하지만, 그는 역사상 종교적 그리고 세속적 관점 모두에서 지극히 성공적이었던 유일한 사람이었다.” 마이클 h. 하트, 역사상 가장 영향력 있는 100인의 순위, 뉴욕: 하트 출판사, 1978 년, 33 쪽.


우리가 유명한 비무슬림들로부터 선지자 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)에 관한 진술을 검토하면서 다음을 고려해보자: “철학가, 연설가, 선지자, 입법자, 전사, 신념의 정복자, 이성적 신조의 복원가, 스무 개 지역의 제국과 하나의 정신적 제국의 창건자, 그 사람은 바로 무함마드이다. 인간의 위대함을 평가하는 모든 기준을 적용하여 우리는 과연 그보다 더 위대한 인간이 있는가 라는 질문을 던질 수 있다.” 라마르틴, histoire de la turquite, 파리, 1854 년, 제 ii 권, 276-277 쪽.


유명한 작가이자 비무슬림 조지 버나드 쇼는 말한다: “그는 인류의 구원자로 불리어야 한다. 나는 그와 같은 사람이 현대 세계의 독재권을 맡는다면 그는 더욱 큰 평화와 행복으로 이끄는 방향으로 현대의 문제들을 해결하는데 성공할 것이라 믿는다.” (진정한 이슬람, 싱가포르, 제 1 권, 제 8 호, 1936 년).


인도(힌두교)의 철학 교수인 k.s. 라마크리시나 라오는 그의 책자 “이슬람의 선지자 무함마드” 에서 그를 인간 삶의 완벽한 모델 이라고 묘사했다. 교수 라마크리시나 라오는 “무함마드의 인간성의 온전한 진실을 파악하는 것은 가장 어렵다. 나는 오직 일부만을 헤아릴 수 있다. 얼마나 생생한 장면들의 드라마틱한 연속인가. 선지자로서의 무함마드 였으며 전사로서의 무함마드, 상인로서의 무함마드, 정치인으로서의 무함마드, 연설가로서의 무함마드, 개혁가로서의 무함마드, 고아의 안식처로서의 무함마드, 노예의 보호자로서의 무함마드, 여성의 해방자로서의 무함마드, 판사로서의 무함마드, 성인으로서의 무함마드였다. 이러한 모든 위대한 역할들에 있어서 그리고 이러한 모든 인간 활동의 부분들에 있어서 그는 영웅과 같았다.”


마하트마 간디는 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)의 성격에 대해 ‘젊은 인도’에서 다음과 같이 말한다. “나는 오늘날 이론의 여지 없이 수백만 인류의 마음을 지배하고 있는 가장 훌륭한 한 인간에 대해 알기를 원했다. 나는 오늘날 이슬람이 삶의 지침으로써의 지위를 점한 것은 칼에 의해서가 아님에 더욱 확신이 들게 되었다. 그것은 곧은 소박함, 선지자의 진정한 겸손, 그의 서약에 대한 섬세한 이행, 그의 동료들과 추종자들에 대한 진지한 헌신, 그의 대담함, 그의 용맹, 그의 신을 향한 절대적 신념과 스스로의 임무에 대한 신념이었다. 칼이 아닌 이것들이 그들 앞에 놓인 모든 것들을 가능케 하였으며 모든 장애를 극복하게 하였다. 내가 (선지자의 자서전에 대한) 제 2 권을 마쳤을 때, 나는 위대한 삶에 대해 읽을 더 이상의 것이 없음에 부끄러웠다.”


토머스 칼라일은 그의 저서 “영웅과 영웅의 숭배” 에서 다음과 같이 놀라워 했다: “어떻게 한 사람이 단독으로 교전중인 부족들과 방랑하는 베두인들을 이십 년 이내에 가장 강력하고 개화된 국가로 융합할 수 있었는가.”


디완 챤드 샤마는 그의 저서 “동쪽의 선지자들” 에서 다음과 같이 썼다: “무함마드는 친절의 영혼이었으며 그의 영향력은 그의 주위 사람들에 의해 감지되었으며 절대 잊지 못할 기억으로 남았다.” (d.c. 샤마, 동쪽의 선지자들, 켈커타, 1935 년, 12 쪽)


무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)는 한 인간에 지나지 않았지만 그는 숭고한 임무를 지녔던 인물이다. 그것은 인류를 유일하신 한 분의 하나님으로의 숭배로 통합하는 것이었으며 인류에게 신의 명령에 기반한 정직하고 곧은 삶의 방식을 가르치는 것이었다. 그는 항상 스스로를 ‘신의 종복이자 선지자’ 로 묘사하였으며 실제로 그의 모든 행동은 그것에 부합하였다.


이슬람에서 신 앞에 평등에 관한 언급하자면, 인도의 유명한 여류 시인인 사로지니 나이두는 다음과 같이 말한다: “이슬람은 민주주의를 설파하고 실천한 최초의 종교였다. 왜냐하면, 모스크(이슬람 사원)에서 예배를 알리는 부름이 들리면 숭배자들은 함께 모인다. 이슬람의 민주주의는 하루 다섯 번 구현되며 그때 소작농과 왕은 나란히 무릎을 꿇고 선언한다: ‘유일하신 하나님은 위대하도다’ 나는 인간을 본능적으로 한 형제로 만드는 이러한 이슬람의 독특한 통일성에 의해 재삼재사 감명을 받아왔다.” (s. 나이두, 이슬람의 이상, 비디오 연설과 글, 마드라스, 1918 년, 169 쪽).


교수 휘르흐로녜는 그의 저서에서 다음과 같이 말한다: “이슬람의 선지자에 의해 창건된 국가 연맹은 국제적 융합과 인류애의 원칙을 보편적 토대로 놓으며 다른 국가들에 촛불을 밝힌다.” 그는 또한 말한다: “사실 세상의 그 어떤 나라도 이슬람이 통일된 국가에 대한 이념의 실현을 향해 해왔던 것에 비견할 수 없다.”


이슬람을 전공으로 하는 에드워드 깁본과 시몬 오클레이는 저서 “사라센 제국들의 역사” 에서 다음과 같이 말한다: “‘나는 하나님 이외에 다른 신은 존재하지 않으며 무함마드는 하나님의 사도임을 믿는다’ 는 간단하면서도 불변의 이슬람의 신앙 고백이다. 신의 이지적 이미지는 결코 눈에 보이는 어떠한 우상에 의해서 비하되지 않아왔다. 선지자의 명예는 결코 인간적 미덕의 척도를 넘어서지 않아왔다. 그의 살아있는 지각은 그의 신봉자들의 찬양을 이성과 종교의 테두리 이내로 제한해 왔다” (사라센 제국들의 역사, 런던, 1870 년, 54 쪽)


아마도 역사상 유럽의 가장 위대한 시인이었던 울프강 괴테는 선지자 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)에 대하여 다음과 같은 글을 썼다.

“그는 선지자이며 시인이 아니다. 따라서 그의 꾸란은 교육과 오락을 위해 만들어진 한 인간의 책으로써가 아닌 신의 계율로써 간주되어야 한다.” (noten und abhandlungen zum weststlichen dvan, wai, 7, 32).


사람들은 이미 그들의 미션이 전설 속에 사라져버린 개개인들에게 신성을 부여하거나 심지어 그들을 신으로 섬기는데 주저하지 않는다. 역사적으로 말하면, 이러한 전설적 인물들 중 그 누구도 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)가 이룩했던 것들의 일부도 이룩하지 못했다. 그리고 그의 모든 노력은 인류를 도덕적으로 탁월한 법에 근거하여 유일신 하나님을 섬기도록 단결시키려는 유일한 목표를 위해서였다. 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)와 그의 추종자들은 결코 그가 신의 아들 혹은 성육신 혹은 신성을 지닌 인간이라고 주장하지 않았다. 그는 항상 단지 하나님에 의해 선택된 한 명의 선지자로써 간주되어 왔으며 오늘날도 그렇게 간주된다.


십사 세기가 지난 오늘날, 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를)의 삶과 가르침은 조금의 손실과 변형 또는 가입도 없이 생존해 왔다. 이러한 가르침은 그가 생전에 그러했듯이 인류의 수많은 병을 치유하기 위한 불멸의 희망을 제공한다. 이것은 무함마드(그에게 하나님의 평화와 축복이 깃들기를) 혹은 그의 추종자들의 주장이 아닌 비판적이며 선입견이 배제된 역사를 통해 강요된 불가피한 결론이다.


이제 당신에게 달려있다.

당신은 이성적 사고를 지닌 인간이다. 당신은 당신 스스로에게 이미 다음과 같이 물어야 할 것이다:

“이러한 비범하고 혁명적이며 놀라운 진술들이 모두 이 한 사람에 관한 것이라는 게 정말로 진실인가?”

만약 이 모든 것이 진실이라면 어떻게 할 것인가?


¬¬¬¬______________________________________________ __________
[1] michael h. hart , the 100: a ranking of the most influential persons in history, new york: hart publishing company, inc., 1978, page. 33.
[2] lamartine , histoire de la turquie, paris, 1854, vol. ii, pp. 276-277.
[3] george bernard shaw , the genuine islam, singapore, vol. 1, no. 8, 1936
[4] d.c. sharma , the prophets of the east, calcutta, 1935, pp. 12
[5] s. naidu , ideals of islam, vide speeches & writings, madras, 1918, p. 169
[6] edward gibbon and simon ockley , history of the saracen empires, london, 1870, p. 54
[7] noten und abhandlungen zum weststlichen dvan, wa i, 7, 32

رد مع اقتباس

نادي الإتحاد الحلبي السوري

 
كُتب : [ 11-02-2014 - 04:52 ]
 رقم المشاركة : ( 12 )
حلب الشهباء
إدارة المنتدى
الصورة الرمزية حلب الشهباء
رقم العضوية : 5
تاريخ التسجيل : Sep 2007
مكان الإقامة : حلب
عدد المشاركات : 45,894
قوة التقييم : حلب الشهباء قام بتعطيل التقييم

حلب الشهباء غير متواجد حالياً

   

رد: من هو محمد رسول الله

door yusuf estes, een voormalig christelijke prediker

mohammed ibn abdoellah ibn abdoel moettalib
geboren 570 a.d.; overleden 633 a.d.




het volgende is ge****erd op boeken, manu******en, teksten en feitelijke beschrijvingen van ooggetuigen. te talrijk om ze hierin allemaal op te noemen, door de eeuwen heen in de oorspronkelijke vorm bewaard door zowel moslims als niet-moslims.

er zijn tegenwoordig veel mensen die over de profeet mohammed, (vzzmh) discussiëren. wie was hij precies? wat onderwees hij? waarom was hij door sommigen zo geliefd en gehaat door anderen? maakte hij zijn beweringen waar? was hij een heilig iemand? was hij een profeet van god? wat is de waarheid over deze man? oordeel zelf.



hier zijn de feiten zoals ze door duizenden mensen zijn verteld, velen van hen kenden hem persoonlijk.

§ zijn komaf was van een nobele stam, afstammeling van de leiders van mekka.

§ zijn naam komt van de arabische wortel "hamd " wat letterlijk "de geloofde" betekent. mensen in zijn tijd en tot op het heden loven hem vele keren per dag, (vzzmh).

§ hij is nooit vervallen tot de gebruikelijke gewoonte van zijn stamgenoten; het aanbidden van beelden, afgodsbeelden of door de mens gemaakte “goden”.

§ hij geloofde dat god de ware ene god is, en zodanig alleen moet worden aanbeden, zonder andere “goden” naast hem.

§ hij hield vast aan de naam van god met de hoogste eerbied en gebruikte gods naam nooit ijdel of voor enig prachtvol nutteloos doel.

§ hij verachtte foute aanbidding en alle complicaties en achteruitgang waar dit toe leidt.

§ hij hield zich aan de geboden van god de almachtige, net zoals de vroegere profeten deden.

§ hij heeft nooit ontucht gepleegd, en verbood anderen ontucht te plegen.

§ hij verbood woekerrente en rente bij geldleningen, net als jezus, (vzzmh), dit eeuwen vóór hem heeft gedaan.

§ hij heeft nooit gegokt en stond het niet toe.

§ hij dronk nooit alcohol of sterke drank; alhoewel dit de gewoonste zaak was voor mensen in zijn tijd en plaats.

§ hij liet zich niet in met roddel en keerde zich af van het luisteren naar dergelijke zaken.

§ hij vastte dagen achtereen om dichter bij god de almachtige te zijn, weg van de kleingeestigheid van wereldlijke aantrekkelijkheden.

§ hij onderwees dat jezus, (vzzmh), de onbevlekte ontvangenis was en de wonderbaarlijke baring van maria, en dat zij van de beste schepselen van god de almachtige was.

§ hij drong er zelfs bij de joden van medina op aan, dat jezus, (vzzmh), de messias was, christus, wiens komst voorspeld was in hun torah (het oude testament).

§ hij zei dat jezus, (vzzmh), vele wonderen verrichtte met gods toestemming, hij genas leprozen, gaf blinden het zicht terug en bracht zelfs een dode tot leven.

§ hij verklaarde duidelijk dat jezus, (vzzmh), niet dood was, maar integendeel, dat god de almachtige hem had herrezen.

§ hij voorspelde dat jezus, (vzzmh), in het einde der tijden terug zal komen om de ware gelovigen naar een overwinning over het kwaad en kwaadaardige mensen te leiden, en dat hij de antichrist zal vernietigen.

§ hij beval het betalen van aalmoezen aan de armen en hij was de verdediger en beschermer van weduwen, wezen en reizigers te voet.

§ hij droeg mensen op zich met hun families te herenigen en familiebanden aan te houden en hij herstelde betrekkingen tussen gezinsleden.

§ hij eiste van zijn volgelingen om alleen wettige omgang met vrouwen aan te gaan, en verbood seks buiten de voorschriften van god de almachtige.

§ hij stond er op vrouwen hun eigen rechten, hun bruidsschat, erfenis en eigendom te geven.

§ zijn geduld en bescheiden houding waren voorbeeldig en iedereen die hem kende gaf toe dat hij deze goede eigenschappen had.



a. hij loog nooit, schond nooit het vertrouwen, legde nooit een valse verklaring af, hij was bekend met alle stammen van mekka, hij stond bekend als: "de waarheidsgetrouwe" (al-amien).

b. hij liet zich niet in met seks buiten het huwelijk, noch was hij het hier ooit mee eens, hoewel het destijds iets was wat veel voorkwam.

c. de enige relaties die hij met vrouwen had waren legitieme, contractuele huwelijken met wettelijk geschikte getuigen.

d. zijn relatie met aisja was slechts die van het huwelijk. hun relatie is tot in het kleinste detail door aisja zelf beschreven in de meest liefdevolle en eerbiedige manier als een huwelijk waarlijk in de hemel gesloten. aisja wordt beschouwd als een van de hooggeplaatste geleerden van de islam en is in haar hele leven alleen met mohammed, (vzzmh), getrouwd geweest. ze heeft nooit een andere man gewenst, noch heeft ze ooit een enkel negatieve uitspraak over mohammed, (vzzmh), geuit.

e. hij verbood alle soorten moord tot het bevel van allah kwam. zelfs toen waren de limieten nauwkeurig beschreven en degenen die effectief vochten tegen de moslims of tegen de islam mochten worden bestreden. en zelfs dan nog slechts volgens zeer strikte regels van allah.

f. het was verboden een onschuldig leven te nemen.

g. er was geen rassenmoord van joden. hij bood wederzijdse bescherming en vergeving aan de joden zelfs nadat ze hun verdrag met hem vele keren verbroken. ze werden niet aangevallen totdat het duidelijk was bewezen dat ze verraders tijdens oorlogstijd waren en probeerden de profeet, (vzzmh) en de moslims tot elke prijs ten val te brengen. vergelding gebeurde slechts bij die joden die verraders waren geworden en niet de anderen.

h. slaven waren destijds gebruikelijk in alle landen en stammen. het was de islam die het vrijlaten van slaven aanmoedigde, door een hoge beloning van allah in het verschiet voor degenen die dat deden. de profeet (vzzmh) gaf hier het goede voorbeeld door slaven vrij te laten, en zijn volgelingen aan te raden hetzelfde te doen. voorbeelden hiervan zijn z’n eigen bediende (die eigenlijk door hem als een zoon werd beschouwd) zaid ibn al harietha en bilèl de slaaf die door aboe bakr werd gekocht met als enige doel hem vrij te kopen.

i. alhoewel er vele pogingen tot het vermoorden van mohammed (vzzmh) zijn gedaan, (waarvan wel de bekendste het geval is van de nacht toen ali zijn plaats in zijn bed innam terwijl hij en aboe bakr naar medina ontsnapten), stond hij zijn metgezellen niet toe om degenen die in deze aanslagen betrokken waren om te brengen. het bewijs hiervoor is dat toen ze zegevierend mekka binnenkwamen, de eerste woorden van de profeet het bevel aan zijn volgelingen inhield om bepaalde stammen en families geen kwaad te doen. dit was een van de bekendste van zijn daden van vergeving en deemoedigheid.

j. militaire strijd was de eerste dertien jaar van het profeetschap verboden. de woestijn arabieren hadden niemand nodig om hen het vechten te leren. ze waren experts op dat gebied en lagen als stammen onderling in de clinch, hun vetes konden tientallen jaren duren. slechts op het moment dat de juiste manier van gewapende strijd door allah in de koran was opgesteld, met strikte regels en beperkingen volgens zijn geboden, werd vergelding of vechten bestraft. bevelen van allah maakten het duidelijk wie aan moest worden gevallen, en hoe, wanneer en in welke mate strijd kon plaatsvinden.

k. vernielen van infrastructuur is geheel verboden behalve wanneer het door allah in bepaalde omstandigheden is voorgeschreven en dan slechts volgens zijn geboden.

l. de profeet (vzzmh) werd door zijn vijanden verwenst en vervloekt, terwijl hij bad voor hun leiding. een klassiek voorbeeld hiervan is dat van zijn reis naar at-taif waar de leiders hem niet eens uit lieten spreken noch verleenden ze hem de normaliter gewenste beleefdheid, in plaats daarvan zetten ze de straatkinderen tegen hem op, die stenen naar hem gooiden tot zijn lichaam zo erg bloedde dat zijn sandalen zich met zijn bloed vulden. de engel gabriël bood aan om wraak te nemen, als hij het bevel ertoe zou hebben gegeven, had allah de omringende bergen op hen in elkaar laten storten en zou hen allen vernietigd hebben. in plaats van hen te vervloeken of hun vernietiging te vragen, bad hij dat ze naar het aanbidden van hun heer alleen, zonder partners, zouden worden geleid.

m. de profeet mohammed (vzzmh) verkondigde dat iedereen wordt geboren in de staat van islam (overgave aan god), omdat een moslim (mo-islam betekent; "degene die islam doet" d.w.z.; zich aan de wil van god overgeeft en zijn geboden gehoorzaamt.) wanneer ze ouder worden vervormt hun geloof afhankelijk van de gangbare maatschappij en hun eigen vooroordelen.

n. mohammed, (vzzmh), leerde zijn volgelingen te geloven in de god van adam, noach, abraham, jacob, mozes, david, salomo en jezus, vrede zij met hen allen, en te geloven dat ze ware profeten, boodschappers en dienaren van allah de almachtige waren. hij stond er op alle profeten op het hoogste niveau te plaatsen zonder onderscheid tussen hen te maken.

o. hij onderwees dat de torah (het oude testament), de zaboer (psalmen) en de indzjiel (evangelie of nieuwe testament) dezelfde oorsprong hadden als die van de koran: van allah.

p. hij profeteerde en voorspelde gebeurtenissen die zouden gebeuren en ze vonden plaats zoals hij had gezegd. hij heeft zelfs dingen uit het verleden verteld die waar zouden worden bevonden in de toekomst.

q. de koran verklaart dat farao in de rode zee werd verdronken toen hij mozes najoeg en allah zei dat hij farao als een teken voor de toekomst zou conserveren. dr. maurice bucaille maakt in zijn boek, "bijbel, koran en wetenschap " duidelijk dat dit is gebeurd en dat farao in persoon in egypte is ontdekt en nu voor iedereen te zien.

r. deze gebeurtenis vond duizenden jaren vóór mohammed (vzzmh) plaats, en het werd bevestigd in de laatste tientallen jaren, vele honderden jaren na zijn dood.



er is meer over de profeet mohammed (vzzmh) geschreven dan over enig ander persoon op de wereld. eeuwenlang is er met veel lof over hem gesproken zelfs door beroemde niet-moslims. eén van de eerste voorbeelden die we aanhalen komt uit de encyclopedia britannica, waar het volgende wordt bevestigd (betreffende mohammed) ". . . een grote hoeveelheid details van oude oorsprong laat zien dat hij een eerlijke en oprechte man was die het respect en loyaliteit van anderen had verdiend die evenzeer eerlijke en oprechte mannen waren." (vol. 12).



een ander indrukwekkend eerbetoon aan mohammed (vzzmh) is in het zeer goed geschreven werk van michael h. hart, "de 100: een ranglijst van de invloedrijkste personen in de geschiedenis."hij stelt vast dat invloedrijkste persoon in de hele geschiedenis mohammed (vzzmh) was, met jezus op de derde plaats. zie zijn eigen woorden: "mijn keuze om mohammed boven aan de lijst te zetten van werelds meest invloedrijke personen zou als verassing bij een aantal lezers kunnen komen en er zullen door anderen zelfs vraagtekens bij gezet worden, maar hij was de enige man in de geschiedenis die zowel op religieus als seculier niveau zeer succesvol was.”
michael h. hart, the 100: a ranking of the most influential persons in history, new york: hart publishing company, inc., 1978, pagina 33.



als we de verklaringen van bekende niet-moslims over de profeet mohammed (vzzmh) bekijken, bekijk dit oplettend: "filosoof, redenaar, apostel, wetgever, veroveraar van ideeën, de restaurateur van rationele opvattingen, van een godsverering zonder beeltenissen; de stichter van twintig aardse rijken en van één spiritueel rijk – dat is mohammed. gezien alle maatstaven waarmee we menselijke grootsheid kunnen meten, zouden we ons kunnen afvragen, is er een man groter dan hij?" lamartine, histoire de la turquie, paris, 1854, vol. ii, pp. 276-277.



george bernard shaw, een beroemde schrijver en niet-moslim zegt: "hij zou de redder van de mensheid genoemd moeten worden. ik denk dat als hem vandaag de controle over de wereld zou worden gegeven, dat hij onze problemen zou oplossen en de vrede en het geluk zou brengen waar de wereld zo naar verlangt.”(the genuine islam, singapore, vol. 1, no. 8, 1936).



k.s. ramakrishna rao, een indische (hindoe) professor in filosofie, noemt hem (vzzmh) in zijn boekje "muhammad the prophet of islam"het "perfecte voorbeeld voor de mens." professor ramakrishna rao legt zijn standpunt uit door de woorden: "het is zeer moeilijk om de totale echtheid van de persoonlijkheid van mohammed te vatten. ik kan er slechts een glimp van opvangen. wat een dramatische opeenvolging van schilderachtige taferelen. we hebben mohammed de profeet. we hebben mohammed de krijgsman; mohammed de zakenman; mohammed de staatsman; mohammed de redenaar; mohammed de hervormer; mohammed de toeverlaat van wezen; mohammed de beschermer van slaven; mohammed de bevrijder van de vrouw; mohammed de rechter; mohammed de heilige. alles wel beschouwd in al deze schitterende rollen, in al deze takken van menselijke activiteiten, is hij gelijk een held."





mahatma gandhi, zegt over het karakter van mohammed (vzzmh) in 'young india': “ik wilde het beste weten over het leven van iemand die vandaag de dag, een onbetwiste heerschappij voert over de harten van miljoenen mensen … ik werd meer dan ooit overtuigd dat het niet het zwaard was dat een plaats won voor islam in die dagen. het was de onbuigzame eenvoud, zijn zelfopoffering, de nauwgezette achting voor beloften, zijn intense toewijding naar zijn vrienden en aanhangers, zijn onversaagdheid, zijn onverschrokkenheid en zijn absolute vertrouwen in allah en in zijn eigen missie. deze en niet het zwaard droegen alles voor hen en overwonnen iedere hindernis. toen ik het tweede volume (van de biografie) van de profeet sloot, was ik droevig omdat er niet meer van dat geweldige leven viel te lezen.“



thomas carlyle was in zijn 'heroes and hero worship', gewoonweg verbaasd:

"hoe één man zonder steun elkaar bestrijdende stammen en zwervende bedoeïenen tot een zeer krachtige en beschaafde natie kon smeden in minder dan twintig jaar."



diwan chand sharma schreef in "the prophets of the east": "mohammed was de vriendelijkheid in persoon, en zijn invloed werd gevoeld en nooit vergeten door zijn naaste mensen." (d.c. sharma, the prophets of the east, calcutta, 1935, pp. 12).



mohammed, (vzzmh), was niet meer of minder dan een mens, maar hij was een man met een nobele missie, die van het verenigen van de mensheid in de aanbidding van een enkele god en hen de beste manier te leren eerlijk en oprecht te leven ge****erd op de geboden van god. hij beschreef zichzelf altijd als “een dienaar en boodschapper van god” en inderdaad toonden al zijn daden dit duidelijk aan.



de bekende indische dichteres sarojini naidu sprak over het aspect van gelijkheid ten overstaan van god in de islam: "het was de eerste religie die democratie predikte en praktiseerde; want in de moskee als de oproep voor het gebed is gehoord en de gelovigen bijeen zijn gekomen, is de democratie vijf keer per dag verwezenlijkt wanneer de boer en de koning zij aan zij knielen en uitspreken: 'god alleen is de grootste'... ik ben keer op keer geraakt door deze ondeelbare eenheid van de islam die mensen instinctief elkaars broeders maakt."

(s. naidu, ideals of islam, vide speeches & writings , madras, 1918, p. 169).







in de woorden van professor hurgronje: "de vereniging van naties gesticht door de profeet van de islam zette het principe van internationale eenheid en menselijke broederschap op zulke universele grondbeginselen alsof ze een voorbeeld voor andere naties gaven." hij gaat door met: "het feit is dat geen natie op aarde een *****alent kan tonen aan wat de islam heeft gedaan in de realisatie van het idee van de vereniging van naties."



edward gibbon en simon ockley, schrijft in"history of the saracen empires"bij de belijdenis van de islam: “ik geloof in één god, en mohammed, een apostel van god” is de simpele en onveranderlijke belijdenis van de islam. de intellectuele voorstelling van de schepper is nooit verlaagd door enig zichtbaar afgodsbeeld; het respect voor de profeet heeft nooit de mate van menselijke deugden overschreden; en zijn sprekende voorbeelden hebben de dankbaarheid van zijn volgelingen beperkt binnen de grenzen van redelijkheid en religie." (history of the saracen empires , london, 1870, p. 54) .



wolfgang goethe, misschien de prominentste europese dichter ooit, schreef over de profeet mohammed, (vzzmh) het volgende:

"hij is een profeet en niet een dichter en daarom moet zijn koran worden gezien als de goddelijke wet en niet als een menselijk boek, gemaakt voor onderwijs of vermaak." (noten und abhandlungen zum weststlichen dvan, wa i, 7, 32).



mensen aarzelen niet om goddelijkheid in het leven te roepen en maken zelfs “goden” van andere individuen wier leven en missies verloren zijn gegaan in legendes. historisch gesproken heeft geen van deze legendes ook maar een fractie behaald van wat mohammed (vzzmh) bereikte. en zijn hele streven was voor één enkel doel, n.l. het verenigen van de mensheid voor de aanbidding van eén god volgens de voorschriften van morele uitmuntendheid. mohammed (vzzmh) of zijn volgelingen hebben nooit en te nimmer beweerd dat hij een zoon van god was of de incarnatie van god of een man met godheid – maar hij was altijd en is zelfs vandaag slechts beschouwd als een door god gekozen boodschapper.



tegenwoordig, na een tijdsverloop van veertien eeuwen, hebben de leringen over het leven van mohammed (vzzmh) overleefd zonder het minste verlies, wijziging of vervalsing/toevoeging. ze bieden dezelfde onvergankelijke hoop voor het omgaan met de vele beproevingen van de mens, zoals ze deden toen hij in leven was. dit is niet een bewering van de volgelingen van mohammed (vzzmh) maar de onvermijdelijke gevolgtrekking tewerkgesteld door een onafhankelijke en onbevooroordeelde geschiedenis.



nu is het aan jou.

je bent een rationeel denkend, belangstellend iemand. als zodanig zou je jezelf af moeten vragen:

"zouden deze buitengewone, revolutionaire en verbazingwekkende verklaringen, en dat alles over één man, echt waar kunnen zijn?

wat als het allemaal waar is?





_____________________________________________







[1]michael h. hart, the 100: a ranking of the most influential persons in history, new york: hart publishing company, inc., 1978, page. 33.

[2]lamartine , histoire de la turquie, paris, 1854, vol. ii, pp. 276-277.

[3]george bernard shaw, the genuine islam, singapore, vol. 1, no. 8, 1936

[4]d.c. sharma, the prophets of the east, calcutta, 1935, pp. 12

[5]s. naidu, ideals of islam, vide speeches & writings, madras, 1918, p. 169

[6]edward gibbon and simon ockley, history of the saracen empires, london, 1870, p. 54

[7]noten und abhandlungen zum weststlichen dvan, wa i, 7, 32

رد مع اقتباس

نادي الإتحاد الحلبي السوري

 
كُتب : [ 11-02-2014 - 04:54 ]
 رقم المشاركة : ( 13 )
حلب الشهباء
إدارة المنتدى
الصورة الرمزية حلب الشهباء
رقم العضوية : 5
تاريخ التسجيل : Sep 2007
مكان الإقامة : حلب
عدد المشاركات : 45,894
قوة التقييم : حلب الشهباء قام بتعطيل التقييم

حلب الشهباء غير متواجد حالياً

   

رد: من هو محمد رسول الله

第一:

谁是穆罕默德(祈主福安之 )?你亲自判断。
他是穆罕默德·本·阿布杜拉·本·阿布杜勒盟台利部·本·哈希姆。
他出生于公元570年,归真于公元633年 。
本文内容是依据可靠地{的}书籍、手稿和文献,还有从已经证明那些情况的人。(那里流传下来的传述。)有据 可考的文献可谓汗牛充栋,这里我们也就不一一累{赘}述了,这些文献历经数载而被原原本本的保留下来,从未 被穆斯林或非穆斯林篡改过。
最近,许多人问道:穆罕默德(祈主福安之 )究竟是何人?他当初在宣传什么?为什么他得到那么多人的爱戴?还而{然而}另一部分人对他却不屑一顾?他 把自己致力于宣教吗?他是一位神圣的人吗?他是真主派遣的使者吗?他究竟是什么样的人?你可以 自己做判断!
以下几点中说明成千上万人叙述的事实,有的是同时代跟穆罕默德(祈主福安之)生活并亲自认识。 (有的是跟穆 罕默德同时代并相识的)。
· 他的世系归于麦加的主人及最古老的部落。
· 他的名字是穆罕默德,是由词根“哈马德” " حَمْدْ "派生而来。众人从那时起到这一刻(直到真主继承大地和大地上所有的一切)都在夜以继日,频繁地称颂他(祈 主福安之)。
· 他从未沿袭过部落的习俗,即没有崇拜他们亲手所捏造的偶像或神。
· 他确信所应崇拜的是唯一的神,只能崇拜这一神,绝无伙伴。
· 他非常敬仰并尊重安拉的名字,从未愚弄或嘲笑并没有以其为任何目的和利益。
· 他鄙视错误的崇拜及所有缘于此的堕落的行为和交易。
· 致力于执行所有的宗教教义,“独一安拉的教义”,像他之前的先知做的那样。
· 从未通奸并劝告其他人不要犯下此类可耻的行径。
· 他禁止利息,犹如贵圣尔萨几个世纪前做的一样。
· 他没有赌博,决不允许这种行为。
· 没有喝酒,虽然喝酒是当时蒙昧时代普遍的习惯。
· 他没有诋毁过他人并远离流言蜚语、搬弄是非 。
· 他经常斋戒来求得伟大真主的喜悦,避开周围的欲望蛊惑。
· 他说麦尔彦之子尔撒(愿主赐福之,并使其平安)在创造物中是真主的一个奇迹,及他纯洁的母亲是真主创造物的 最好的之一。
· 穆罕默德(祈主福安之)甚至对麦加城的犹太人确定尔撒(耶稣)(愿主赐福之,并使其平安)就是当时《圣经》 中所提到的麦西哈(耶稣)。
· 他说尔撒(耶稣)(愿主赐福之,并使其平安)所施的奇迹(能医治天然盲、大麻疯,又能使死者复活)均是来自 于造物主。
· 他明确宣布尔撒(耶稣)(愿主赐福之,并使其平安)没有被害,是安拉将他提升到了天际。
· 安拉启示穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)尔萨在末日将返回率领信士们战胜迷误之人,铲除恶 魔。
· 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)命令给穷人施舍。他是寡妇、孤儿和旅客的保护者和捍卫者。
· 他命令团聚家庭并神圣家庭纽带和恢复家庭成员之间的关系。
· 他促进他的追随者通过合法婚姻跟妇女有联系,并禁止通奸。
· 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)强调给予属于妇女们的权利,包括聘金、财产继承和生活费用 ....
· 他的一切耐心、谦逊的崇高品行都使所有认识他的人承认他的好品德,那是人类中前所未有的。
a- 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)从未撒过谎,从未背弃盟约并没有做过虚假见证。麦加所有的部落认识他, 他以诚实与忠诚而著称。
b- 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)从未通奸。他没有过婚姻以外的关系;他没有接受这种恶行为,虽然它是那 时普遍的习惯。
c- 他没有跟任何妇女除了在合法婚姻框架内及存在证人和法律范围之外有任何联系。
d- 他跟阿依莎·宾图·艾布白克尔(愿主喜悦她)的关系是合法结婚。我们通过阿依莎·宾图·艾布白克尔所叙述的 圣训知道他们俩的结婚详细情况,是一个男人和一个女人之间的最崇高的关系,充满爱心和尊重。阿依莎·宾图· 艾布白克尔(愿主喜悦她)是圣训传述最好的人。她只是穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)的妻子,跟任何人 没有什么关系。她对穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)从未表示过任何消极的态度。
e- 穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)禁止杀害,直到以安拉的法则做出明确判定。安拉的教义在这 方面 :允许向伤害穆斯林大众以及同伊斯兰作战者斗争,但是要遵守伟大真主在这方面所明确的法度。
f- 禁止杀害无辜人。
g- 对于犹太人从来没有进行任何种族灭绝,甚至他们几次撕毁他们跟穆罕默德(愿主赐福之,并使其平安)达成的盟 约,之后要求先知原谅并保障安全。安拉的使者只有在明断他们背叛或意欲攻击使者和信士时才反击。抵罪律—— 直到真主和使者证明了他们的背叛才执行。
h- 当时个个部落都著名于拥有奴隶和仆人。伊斯兰教到来,命令释放脖子。安拉的使者已经释放许多脖子(奴隶)并 命令他的追随者都要这样做。他(愿主赐福之,并使其平安)甚至释放了他的佣人:宰德·本·哈热洒并将他认为 义子;艾布白克尔购买belal alhabshi——伊斯兰教史上是第一个宣礼员,只是为了释放他。
i- 对于那些试图伤害并杀害先知(最有名的事件是:当安拉的使者跟艾布白克尔离开麦加的夜晚,阿里•本•艾贝• 塔利巴夜宿圣床)。先知没有命令任何人惩罚那些参与这些行为的。最大的证据是当先知和他的追随者胜利进入麦 加,第一个命令是他的追随者不要伤害以前伤害他(愿主赐福之,并使其平安)和他的兄弟的人的任何人。这是我 们使者(愿主赐福之,并使其平安)生平中宽容和谅解的见证之一。
j- 传教的首先十三年内不允许穆斯林斗争。这件事跟他们斗争能力没什么关系,因为他们生活的性质及部落之间的长 期争端,让他们在战斗有丰富经验。而是安拉的斗争命令还没有降下。伟大真主制定战争同时也制定所引起的权利 和义务,说明真主战争上的法度。关于战争这一问题以及什么时候、如何要抗对谁、不会超过的限制等等,安拉的 命令明明白白。
k- 伊斯兰教完全禁止破坏基础设施,只有安拉按照一定的情况命令。
l- 虽然伊斯兰的敌人用各种方式寻求伤害并侮辱安拉的使者,使者(愿主赐福之,并使其平安)祈祷安拉引导他们。 最好的证明,就是在他到达altaef的旅行。安拉的使者受到严重伤害,从部落长老拒绝他开始直到儿童用石 块打他,以致他的两圣腿流血。当吉布拉依赖(愿主赐福之,并使其平安)降下要报复伊斯兰教的敌人并要命令山 的天使翻山在他们头上,但是他拒绝了。安拉的使者(愿主赐福之,并使其平安)要求的只是传达真主的使命,他 没有顾及自己及所遭受的损失。
m- 《圣训》中曾记载穆圣(愿主赐福之,并使其平安)的一席话:“每个婴儿都出生于真主所创造的天性之中,然后 他的父母使他成为犹太教徒,或基督教徒,或拜火教徒。”
意义是完全服从安拉并随着他的命令。只是他的社会环境和他所受的教育影响他使他的天真变化。
n- 使者通知他的兄弟和所有的穆斯林只崇拜安拉,就是阿丹、努哈、伊布拉欣、叶尔孤白、穆萨、达吾德、素莱曼和 尔撒(愿主赐福之,并使其平安他们A

رد مع اقتباس
رد

مواقع النشر

العبارات الدلالية

من هو محمد رسول الله



الذين يشاهدون محتوى الموضوع الآن : 1 ( الأعضاء 0 والزوار 1)
 
أدوات الموضوع
طرق مشاهدة الموضوع


المواضيع المتشابهه للموضوع: من هو محمد رسول الله
الموضوع كاتب الموضوع المنتدى مشاركات آخر مشاركة
محمد رسول الله صلى الله عليه وسلم حلب الشهباء محمــد رســول الله 20 13-09-2012 01:02
زوجات محمد رسول الله حلب الشهباء محمــد رســول الله 11 06-08-2011 12:16
استنكار إخراج فيلم محمد رسول الله صلى الله عليه وسلم حلب الشهباء الإسلام أهل السنة 0 30-12-2010 01:05
لا اله الا الله محمد رسول الله اذا اردت ان تسمع خبر حلو الليلة .... Black Lord الإسلام أهل السنة 3 14-04-2010 08:29
رسول الله محمد (صلى الله عليه وسلم) نبي الإسلام mohamad-tabshoo الإسلام أهل السنة 1 04-04-2009 11:46

الساعة معتمدة بتوقيت مدينة حلب الأن 10:15